コンプライアンスへの取り組み

データリンクスでは、「経営理念」「企業倫理憲章」に基づき、「データリンクスコンプライアンスガイド」を策定しています。より一層のコンプライアンス意識向上を目指し、今後も、将来にわたって皆様から必要とされる企業となるべく、社会との対話を通じながら取り組んでまいります。


経 営 理 念


経 営 理 念

Client First (クライアント・ファースト)
「お客様の立場で問題を考え、お客様の利益のために最大限の努力をする」


Quality First (クォリティー・ファースト)
「お客様の信頼を得るにふさわしい『高品質』を追求する」


Object First (オブジェクト・ファースト)
「目的を捉え、柔軟な発想で問題解決にチャレンジする」



データリンクス社 企業倫理憲章

  1. 経営トップは、企業倫理の確立が自らに課せられた最大のミッションのひとつであることを認識し、率先垂範して本憲章の精神を社内に浸透させるとともに、万一、これに反する事態が発生したときには、自らが問題の解決にあたる。
  2. 部下を持つ立場の者は、自らの行動を律することはもとより、部下が企業倫理に沿った行動をするよう常に指導・支援する。
  3. すべての役員および社員等は、国内外を問わず、法令、社会的規範および社内規則を遵守することはもとより、公私を問わず高い倫理観を持って行動する。
    とりわけ、お客様情報をはじめとした企業内機密情報の漏洩は重大な不正行為であることを認識し行動するとともに、社会的責務の大きい企業の一員として、お客様、取引先などとの対応にあたっては過剰な供応を厳に慎む。
  4. 役員および社員等の倫理観の醸成に資するべく、機会をとらえ企業倫理に関する社員等教育を積極的に実施する。
  5. すべての役員および社員等は、業務の専門化・高度化の進展に伴い発生が懸念される不正・不祥事の予防に努めるとともに、お客様情報等の保護に向けた取り組みなど、予防体制の整備・充実を徹底する。
  6. 不正・不祥事を知ったすべての役員および社員等は、上司等にその事実を速やかに報告する。

また、これによることができない場合は、「企業倫理ヘルプライン(相談窓口)」に連絡等することができる。
なお、不正・不祥事を連絡等した役員および社員等は、連絡等したことによる不利益が生じないよう保護される。
不正・不祥事が発生したときは、迅速かつ正確な原因究明に基づく適切な対処によって問題の解決に取り組む。


以上